診療科目 各科目のご案内

内科のご案内

内科診療は日本大学板橋病院・練馬光が丘病院・救命救急センターで呼吸器疾患、血液疾患、アレルギー・膠(こう)原病(げんびょう)疾患、感染症疾患、救急疾患を約10年間担当致しました。韮崎市立病院で一般内科全般を医員として、社会保険横浜中央病院でアレルギー科・呼吸器科医長として経験を積み、日本内科学会認定内科医として、引き続き診療に当たっています。当院では次の検査・治療が可能です。

呼吸器疾患

心身症としての気管支喘息の診療の臨床と研究を長年行って参りました。特に気管支喘息のセルフコントロールの問題と気管支喘息と過換気症候群の合併例についての研究を行い発表して参りました。睡眠時無呼吸症候群(睡眠時に呼吸の止まる病気:多摩地区の専門病院へ紹介しています)についても多数発見しています。また、慢性(まんせい)咳嗽(がいそう) (継続的に咳の出る病気) の中で、内科的な診療だけでは見逃されがちな咳喘息(症状が咳だけの気管支喘息)や神経性咳嗽(ストレスが原因で咳の出る病気)などの治療も得意分野の一つです。

《院内検査》
肺機能、パルスオキシメーター (動脈血酸素飽和度を測る装置)
《治 療》
面接・投薬(西洋薬・漢方薬)、心身医学的診療
《気管支喘息発作時》
吸入・点滴、酸素吸入


消化器疾患

「はらわたが煮えくり返る」とか、「断腸の想い」等の言葉がある様に「腸は心の鏡」といわれています。過敏性腸症候群、Functional dyspepsia(上腹部(じょうふくぶ)不定(ふてい)愁訴(しゅうそ)症候群(しょうこうぐん))、胃・十二指腸潰瘍、呑気症(どんきしょう)(ゲップやオナラがたくさん出る病気)、神経性嘔吐・下痢(器質的な病変によらない機能的・心理的な機序によって生じる嘔吐・下痢)等の心身症の疾患が多く含まれます。他院では治らなかった患者さんが当院へ訪れ、軽快した例も非常に多く経験しています。

《院内検査》
提携病院へ依頼(腹部エコー、胃カメラ、大腸ファイバー)
《治 療》
面接・投薬(西洋薬・漢方薬)、心身医学的診療


生活習慣病

生活習慣病には特に力を入れています。糖尿病や高血圧は心身症の一つと数えられています。高脂血症も含め、そのコントロールには全人的な理解が必要で、個々の生活習慣に合った心身医学的なアプローチが必要と考えています。更に、当院には管理栄養士が月曜日と土曜日の午前中待機しており、チーム医療の一員として活躍して頂いています。

《院内検査》
体重測定、体脂肪測定、自動血圧計、加速度脈波、血圧脈波 (動脈硬化度の測定)
《治 療》
面接・投薬(西洋薬・漢方薬)、管理栄養士による栄養指導


一般内科疾患

かぜ症候群:基本的に漢方診療を行う。

神経・筋肉系:緊張性頭痛、片頭痛、慢性疼痛、痙(けい)性斜頚(せいしゃけい)、線維筋痛症(せんいきんつうしょう)などは、心身症的要素が強く、西洋薬や漢方薬の投薬、心理療法(例えば臨床動作法、自律訓練法等)、スーパーライザーによる疼痛治療などを行っています。

《外注検査》
血液、尿
《院内検査》
尿定性、A型・B型インフルエンザ抗原の検出
《予防接種》
インフルエンザワクチン接種 (自費3000円)
《治 療》
投薬 面接 点滴 慢性肝炎の管注治療


他科疾患

皮膚科領域:アトピー性皮膚炎、慢性蕁麻疹、皮膚掻痒症などのアレルギー疾患は勿論、円形脱毛症、などは心身症と考えられ、診療は得意である。男性型脱毛症は、プロペシア<自費>、クロウ(発毛促進剤)<自費>などで治療を行っています。

耳鼻科領域: めまい症、耳鳴り、アレルギー性鼻炎、嗄声、失語、咽喉頭異常感症等は、心身症と考えられます。めまい症、耳鳴り、アレルギー性鼻炎の診療は、特に得意です。

産婦人科領域:更年期障害、月経前症候群、月経前不快気分障害、月経痛など。

泌尿器・生殖器領域:過敏性膀胱(神経性頻尿)、夜尿症。EDはその適応を精査した上で、バイアグラ<自費>、レビトラ<自費>等の投与の他、漢方薬や心理治療を行っています。男性更年期を考えられる患者さんには、男性ホルモンの定期的な投与(筋注)を行っています。

産婦人科領域:更年期障害、月経前症候群、月経前不快気分障害、月経痛など。


  • 新患予約をされる方はこちら
  • お問い合わせ
  • YouTube
    qrcord
    このサイトはスマートフォンにも対応しています。
  • 国際心理社会実存医学研究所
  • 飯森洋史の「クリニックの待合室」
  • 対象疾患と治療
  • 採用情報