顧問・臨床心理士プロフィール

吉永 美穂(よしなが みほ) 月曜日担当

資格: 日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士
専門技法: 認知行動療法 自律訓練法
対象: うつ病や不安障害、人格障害、心身症等を抱え、ものごとをマイナスに考えがちな人や やる気が出ない人、不安や症状によってやりたいことができずにいる人、対人関係に困難を感じている人。子どもから高齢者まで。
所属学会: 日本行動療法学会

【面接について】
悩みやストレスがない人はいないでしょう。かく言う私も完璧主義に泣いた時期があります。私は認知行動療法に出会い、セラピストとしても私人としても助けられてきました。上記対象にあるようなお悩みを抱える方にも役立てるでしょう。問題解決に向けて、できていること・工夫すればできそうなことを一緒に探していきましょう。それを積み上げ、今より気持ちが楽になったり生活しやすくなったりするのを目指しましょう。最初の2~3回は、今抱えている問題の全容や、これまでの生活が今の問題の成り立ちにどう関わっているのか、これからどんな潜在能力が活用できそうかを理解し、効果的な技法を選択するために、お話を聴くのに使わせてください。以降は、‘今ここで’に焦点を当てていきます。「認知行動療法」という字面は堅苦しいですが、話しやすい雰囲気を心掛けています。疑問等は遠慮なくお伝えください。

飯森 洋史(いいもり ひろふみ) 火曜日午前、木・日・祝日担当

資格: 心療内科専門医 日本催眠医学心理学会 認定催眠士
専門技法: 催眠療法 EMDR 臨床動作法 交流分析
対象: 意識下のアプローチでは中々解決不能な問題を抱えている人、トラウマが関係していると考えられる人、人生脚本が関係していると考えられる人。
所属学会: 日本臨床催眠学会 日本催眠医学心理学会 日本EMDA学会 日本臨床動作学会 日本交流分析学会 日本心身医学会 日本心療内科学会 他

【面接について】
当研究所には様々な専門の心理臨床家が在籍しております。私は主にトラウマ関連の治療、痛み、眩暈、耳鳴りなどの身体症状を訴える方の治療を担当しています。主にEMDRや催眠療法を用いて治療していますが、症例によっては動作療法や交流分析療法を用いることもあります。また、電車に乗れない、飛行機に乗れないなどの広場恐怖に悩む人の催眠療法も良好な結果を生んでいます。一般的にEMDRや催眠療法は5回以下の比較的短期間の治療で成功しているケースが多いのですが、複雑なケースの場合は数年かかることもあります。

長谷川 明弘(はせがわ あきひろ) 火曜日担当

所属: 東洋英和女学院大学 人間科学部 准教授
資格: 日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士
日本催眠医学心理学会 認定催眠士
日本臨床動作学会 臨床動作士
専門技法: ブリーフサイコセラピー(特にブリーフセラピー、催眠法、臨床動作法)
対象: 対象: 子どもから高齢者までの個人、家族、集団、組織を対象として生涯にわたる発達段階への支援。
所属学会: 日本ブリーフサイコセラピー学会 日本催眠医学心理学会
日本臨床動作学会 日本心理臨床学会 

【面接について】
可能な限り短期間で効率的な支援となるような実践を目指します。具体的には、個人内界、個人、個人間、家族、集団、組織といった各システムのリソース(資源)を活用して心理学的な手法によって介入します。個人内界には主に催眠法を適用し、個人や個人間、家族を含めた集団・組織対個人にはブリーフセラピーの考え方を取り入れています。臨床動作法は、人の動作という心理的プロセスを資源とみなして肯定的に活かしています。
個人開設WEB(外部リンク

小泉 桃代(こいずみ ももよ) 水曜日担当

資格: 日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士
専門技法: 精神分析的心理療法 自律訓練法 等
対象: 小学生以上高齢者まで幅広く対応致します。未解決な思春期的課題を持っている方、対人関係上の悩みを持っている方、ひきこもっている人 等が対象です。
所属学会: 日本心理臨床学会 日本精神分析学会 日本心身医学会

【面接について】
支持的なアプローチが適していたり、探索的な手法が効果的であったりで、お一人お一人の個性や状況によって、適切な方法で関わることはとても重要なことです。ですから、面接の開始に当たっては充分な時間をとって準備をして参りたいと思っております。納得のゆく内容・頻度で面接を進めて頂ける様に心掛けておりますが、大切なお時間を費やすプロセスですので、不安に思われることや疑問はどうぞご遠慮なくお尋ね下さい。

松田 正子(まつだ まさこ) 金曜日担当

資格: 日本臨床心理士認定協会認定 臨床心理士
専門技法: コラージュ療法、絵画療法などの芸術療法や自律訓練療法 うつ状態の人への認知行動療法
対象: 子供から大人まで、引きこもり、不登校、人格障害、対人恐怖症(社交不安障害)等の疾患で、特に言語表現が苦手な人。うつ状態で認知の歪みがある人。
所属学会: 日本心理臨床学会 日本コラージュ療法学会 日本芸術療法学会 日本心療内科学会 日本自律訓練学会

【面接について】
人間は元来、健康になろうとする力を持っています。それを妨げている(自分では気づいていない)要因となっている、絡まっている気持ちを整理することによって、健康な身体を取り戻せることがあります。コラージュ、絵画や夢などは、はっきりと言語化できない自分からのメッセージを表現することがあります。それらをユング心理学的見地から理解する事は、自らを本来の健康な状態へと導いてくれる指針となります。是非、本当の気持ちに向き合う事で本来の健康な自分を取り戻す作業を一緒に致しましょう。

山口 久恵 (やまぐち ひさえ) 土曜日担当

資格: 日本臨床心理士資格認定協会認定 臨床心理士
専門技法: 臨床動作法
対象: 身体症状を伴う様々な疾患 不安障害、うつ病性障害 不登校 子供から老人まで様々な年齢層を対象にしています。
所属学会: 日本心理臨床学会・日本臨床動作法学会・日本精神分析学会

【面接について】
身体症状がその心理社会的因子と密接なかかわりを持つストレス性の筋緊張は動作療法の最も良い適応です。言語的な手法よりも、本人が自分の緊張感を知り改善出来るように援助しています。心理的なストレスが意識に上っていない習慣化ないし慢性化した緊張を引き起こしているという風に考えて、それに気がついて緩めてもらうことで、心理的な問題も解決されていきます。「自分のからだの緊張を自分で知り弛める」この本人の心理的な努力を通して、様々な心身の問題が改善していきます。