診療科目 初めて当クリニックを受診される方へ

飯森 洋史の「クリニックの待合室」一覧

Q:50歳男性。小学校の先生ですが、口の中が塩っぱくて何も手かつかないといって大学の耳鼻科の味覚外来を受診したのですが、検査上異常がなく、原因不明で治せないと言われました。どの科を受診したら良いのでしょうか。

A:これは仮面うつ病が疑われます。うつ病には精神症状だけでなく身体症状を伴うものがあり、頭痛、腹痛、腰痛、前胸部痛、背部痛、四肢痛、肛門周囲痛などの痛みを伴うものが全体の6割に認められると言われます。その他、めまいや耳鳴り、味覚異常、咽喉頭異常感、しびれ感、胃部膨満感など様々な身体症状が報告されています。通常は精神科以外の各科を受診するのが特徴で、その背後にある精神症状(抑うつ、抑制、不安・緊張など)を見落とすと、正しい診断がなされないまま不適切な治療を受けることになります。

このように精神症状が目立たず身体症状が前面に出たものを精神症状が隠されたうつ病:仮面うつ病と呼びます。治療は他のうつ病と同じで抗うつ薬が投与されます。内科もきちんと診られる心療内科を受診したら良いと思います。

お知らせinformation一覧

    インターネットによる新患予約を始めました。

    インターネットによる新患予約を始めました。下記URLよりご使用ください。

    インターネットによる新患予約

    *ホームページを刷新し、スマートホンでも新患予約取得を可能としました。

    臨時休診日・診療時間変更のお知らせ

    【診察時間変更】

    *学会出席のため受付時間を変更します。

    09月26日(火曜日) 受付時間~18:20迄

    10月13日(金曜日) 受付時間~16:00迄

    10月17日(火曜日) 受付時間~18:45迄

     

     

    【臨時休診日】
    *現在臨時休診日はございません。

     

    急性ストレス障害、PTSDでお悩みの方

    未曾有の被害を出した東日本大震災により、多くの方々から心身の不調が報告されております。

    ~ 急性ストレス障害、PTSDでお悩みの方 ~
    当院では、様々なトラウマに起因する、心身の不調に対する治療に対して、積極的に取り組んでいます。向精神薬や漢方薬の処方、内科的な処方を行った上で、トラウマに対する心理療法(EMDR、催眠療法他)を施行し、良好な成果を挙げています。 お気軽にご相談下さい。

    うつ病に対する認知療法が保険内で可能。

    うつ病の治療に対して、保険内で認知療法を受ける事が可能になりました。

    ~ 認知療法とは? ~

    認知療法の気分改善効果は、驚くべきものがある。うつ病に対して、抗うつ薬と同等か、それ以上の治療効果があると証明された初めての精神療法、それが認知療法である。【デビット・D・バーンズ「いやな気分よさようなら」より】

    詳しい内容を読む >>

    自律神経失調症といってもさまざま。

    一口に「自律神経失調症」といってもさまざまです。さまざまな原因で自律神経失調状態になります。しかも、きちんと検査せずに「自律神経失調症」と言っているところが大半です。当クリニックでは自律神経の検査を詳しくおこない、患者さんに納得のいく説明をおこなっております

    自律神経失調の診断と治療については、当クリニックに気軽に御相談下さい。

    詳しい内容を読む >>

  • 新患予約をされる方はこちら
  • お問い合わせ
  • YouTube
    qrcord
    このサイトはスマートフォンにも対応しています。
  • 国際心理社会実存医学研究所
  • 飯森洋史の「クリニックの待合室」
  • 対象疾患と治療